キャッシング会社の取り立てについて

借金の取り立てといえば、家のドアを激しく叩いたり、会社にまでやってきたりしてとても怖いイメージがありますよね。そのイメージが強いからこそ、キャッシングを利用することに抵抗を感じている人もいるのではないでしょうか。

ですが、こういった取り立ては禁止されています。もし破ってしまった場合にはキャッシング業者が営業停止などの処分を受けることになるんです。

では、もし支払いを延長してしまった場合、どのような取り立てが行われるのかという点について紹介しましょう。

どのような取り立てを行うかというのは、各キャッシング業者によって違うのですが、大手のキャッシング業者の場合はマニュアルに沿った対応をしていることが多いです。

電話や手紙で「返済日が過ぎているので至急入金してください」と連絡が来るのですが、入金の約束日を決めた場合、その日がすぎるまでは電話などによる連絡は来なくなります。

ですが、また約束を破って期日までに入金をしなかった場合、頻繁に電話がかかってくることになるんです。

それをひたすら無視したり、入金の予定日を伝えることができないようだと、延滞が発生してから1ヶ月ほどたった時に直接自宅訪問となるのが一般的です。

これは大手キャッシング業者のケースですが、中小のキャッシング業者であった場合、大手よりもスピーディーに取り立てを行うケースが多いです。特に本人が電話に出なかったり無視をしている場合、日に2~3回電話がかかってくることも珍しくありません。

特に、連絡を無視した場合に取り立てが加速することがあるということを覚えておきましょう。

毎回電話にしっかり出て、支払いの予定や相談をする人であれば、キャッシング業者も真摯に対応してくれることがほとんどなのですが、居留守を使ったり無視をする利用者に対してはできるだけ早く連絡を取ろうと動くのです。

連絡がつかないということは、キャッシング業者からすればとても危険な状態ですよね。 まずはしっかり連絡をし、返済について相談をしましょう。

このページの先頭へ