細分化するヤミ金手口「090金融とは」

一口にサラ金と言っても、その手口は細分化され様々なものが存在しています。もともとあった手口にアレンジが加わったり、また新たな手口が誕生したり・・・。

手を変え品を変え、ヤミ金の手口は日々変化と増加を続けています。ここでは、そんなサラ金の一つである「090金融」についてお話しいたします。

090金融と聞けば、なんとなくイメージできる方も多いはずです。広告に携帯電話の番号だけを掲載しているヤミ金業者のことを指し、公衆電話や電柱などに貼られた広告は誰でも一度は目にしたことはあるでしょう。

そもそも貸金業を行うものは、広告やチラシに、貸金業者の商号・登録番号、まはた携帯電話番号以外の電話番号、金利、返済方法・期間・回数、担保について、これら全てを記載することが法律で義務付けられています。

ですので、090金融はその広告スタイルだけで既に違法であり、つまるところ無許可で行っているヤミ金であることが判断できるはずなのです。

ところが090金融には決まった事務所もないことが多く、またその携帯電話も架空の名義や盗品である事もあるので、 取り締まりも行き届きにくいと言われているのです。

事務所や店舗のない090金融は、申し込みの連絡後に指定の待ち合わせ場所に車で現れ車内で現金の貸付けや返済を行なっているようです。

貸付けや返済に関して、契約書や領収書など証拠となるものは一切残さない特徴もあります。また、取り立ても厳しく暴力団が関わってくるケースもありますので、どんな事があっても絶対に関わってはいけません。

また、電話番号の記載が「090ー◯◯◯◯ー××××」であるのに、「090◯ー◯◯◯ー×××」などと、あたかも固定電話の番号であるかのように装っている業者も存在しています。

問い合わせ先の電話番号が携帯しかない、区切る場所は固定だがよく見れば携帯である・・・。 このような金融業者からの借り入れは絶対に行わないよう注意してください。

このページの先頭へ